書籍詳細 一覧へ戻る

kokouno_cover210604

孤高の魔法使いは初恋の新妻を手放せない

ナツ / 著
SHABON / イラスト
定価 1,320円(税込)
発売日 2021/06/25

お取り扱い店

電子配信書店

  • Amazon kindle
  • コミックシーモア
  • Renta
  • どこでも読書
  • booklive
  • ブックパス
  • ドコモ dブック
  • ebookjapan
  • DMM
  • honto
  • 楽天kobo
  • どこでも読書

内容紹介

俺もだよ。俺も今すごく君が欲しい
「このまま、中で出すから……もう、どこへも行かせないって、決めた」一度は婚約破棄をしたものの、再び元婚約者である第三王子ジークハルトと結婚することになった伯爵令嬢のレーナ。初恋の相手とはいえ、別れた時の彼の安堵した表情がずっと胸に突き刺さっていて……。案の定、再会した彼はレーナに冷たいが、初夜をきっかけに徐々にその冷たい仮面がはがれ始める。そして彼女を突き放す理由となった王家の陰謀が明らかになった時、ジークハルトは長く己を戒めていた箍を外してレーナを激しく愛し始める。本当の意味で初恋の相手と繋がった悦びに、新婚の二人はなかなか自分を抑えられず――?

立ち読み

   プロローグ 破られた誓い

「ジーク様!」
 草花が風に揺れる小高い丘の上。サファイアブルーの瞳を煌(きら)めかせ、レーナがこちらへ向かって駆けてくる。
 彼女の瞳には、ジークハルトしか映っていない。
 少しは足元を見ないと転んでしまう。はらはらしながら見守るジークハルトの腕の中に、レーナは飛び込んできた。
「会いたかった……。いったい、どこへ行っていたの?」
 彼女の顔に浮かんだ純粋な思慕の表情に、胸を突かれる。
 自分がどう答えたのかは、分からない。何も言わなかったのかもしれないし、現実のジークハルトなら絶対に口にしない甘ったるい台詞(せりふ)を囁(ささや)いたのかもしれない。
 ここに来て、今目にしている光景は夢なのだと、ジークハルトは理解した。
 理解した瞬間、気づかなければよかった、と後悔する。
 夢だと自覚しなければ、もっとレーナを見ていられた。
 案の定、彼女の声が聞こえなくなる。
 それでもなお、彼女は無邪気な様子で、ジークハルトに話しかけていた。
 嬉(うれ)しそうな明るい笑み、こちらを信頼し切った眼差し――半年前に自ら手放したそれを、食い入るように見つめる。
 目覚めが近いのか、いつの間にか腕に感じていたはずの温もりが消えている。
 ジークハルトはたまらず、両腕に力を込めた。
 次の瞬間、レーナの姿はふっとかき消える。
 喪失感と呼ぶには生ぬるい闇が、底の見えない深い闇が、胸の中に広がった。
『もう二度とあんな風には笑ってもらえないのに、健気(けなげ)なことだ』
 ――嘲(あざけ)るような声がどこかから聞こえてくる。
『それでいい』
 ジークハルトは拳を握り締め、低く呟く。
『嘘だ。本当は欲しくてたまらないくせに』
『泣かせようが苦しませようが、傍(そば)に置いておきたいくせに』
 誘惑に満ちた声が次第に大きくなる。
 ぐらりと揺らいだジークハルトの脳裏に、肖像画に描かれた母と、母の絵を見つめたまま立ち尽くす男の姿が浮かんだ。
 愛という名の身勝手な感情を免罪符に、母を不幸のまま死に追いやった男を思い出せば、迷う心はいつも正しい方向を指して定まる。
 ジークハルトはおそらく、生涯レーナを忘れることはない。
 彼女と過ごした日々を大切に抱き締め、時々こうして面影を夢に見る。
 運がよければ、現実の彼女を遠目に眺めることも出来る。
 それで充分だ、と何度も自分に言い聞かせた。
 彼女が幸せに生きてさえいれば、ジークハルトは自分を消し去りたいほど憎まずに済む。

   ◇ ◇ ◇

 明け方見た、かつての婚約者の夢は、何かの予兆だったのだろうか。
「――……っ!?」
 背中から巨大な杭を打ち込まれたかのような衝撃を受け、レヴェルト王国の第三王子・ジークハルトは、濃紺の瞳を大きく見開き、その場に両膝をついた。
 ここは、ジークハルトが住まう宮殿の中。現在、彼以外の人の気配はない。
 何者かに襲われたわけではない、と頭の隅で判断しながら、胸元をきつく押さえる。
 胸部全体が焼けるように痛む。
 鼓動はこれ以上ないほど速まり、そのせいで上手(うま)く呼吸を整えられない。
 鋭く激しい痛みに耐える為、蹲(うずくま)って背中を丸めた。
 ジークハルトに発作を起こすような持病はない。
 これは、【精霊を通して成された誓いが、損なわれた印】なのだとすぐに分かった。
 ジークハルトがまだ分別のついていない子どもだった頃、精霊の誓いに纏(まつ)わる伝承が真実か知りたくなり、ささやかな誓いを立ててわざと破ったことがある。
 あの時とは比べ物にならない激しさだが、痛みの種類はそっくりだ。
 ジークハルトが現在、立てている誓約は一つだけ。
 それは、かつての婚約者の安全を守ること。
 額にじわりと脂汗(あぶらあせ)が浮かぶ。
(レーナに、何があった。彼女は、無事なのか!?)
 最悪の想像が脳裏を過(よ)ぎる。
 一秒でも早く、彼女の安否を確認しなければ――気は逸(はや)るものの、今なお断続的な痛みの波に晒(さら)されている身体(からだ)は思うように動かない。
 歯噛みするジークハルトの目前で、空間がぐにゃりと歪(ゆが)んだ。
 淡く発光する歪みの向こうから突き出されたのは、水晶に似た長い爪だ。鋭く煌めく爪は、そのまままっすぐ空間を切り裂いていく。
 やがて裂け目から姿を現した爪の持ち主は、人間の女の身体を模していた。
 ぶわりと舞い上がった長い髪は淡い緑色をしており、まるで別の生き物のように好き勝手動いている。先ほどまで長く尖っていた爪は、しゅるりと音を立てて短くなった。
 ほっそりとした小柄な体を空中に浮かせたまま、それは口を開く。
「あなたたちの誓いは破られたわよ、ジークハルト」


この続きは「孤高の魔法使いは初恋の新妻を手放せない」でお楽しみください♪